fc2ブログ

スパーク

 基本的に、雨の日に外に出るのは好きではない。
傘を持つことで片手の自由が奪われることによって、いろいろと不具合が起こる気がする。
なにかするにつけスムーズさを欠くので、体がごわごわするような、まとわりつくような不快な感じが常にある。
あと視界も悪くなる。人が多いところだとすれ違うのも気を使う。資料となる写真を撮るのもめんどくささが増す。
などなど、言い出したらいろいろ出てくる。
そんなわけで、雨の日の景色を絵に描くことは少ない。

しかしながら、雨の日じゃないと遭遇できない景色とか現象はもちろんあって、それに気がついて惹かれれば描きたくなる。
この絵は、上で述べたネガティブな気持ちを吹き飛ばした景色。


雨、夜、ビニール傘

夜、ビニール傘越しに見た街灯の光。
宇宙っぽいな、スペイシーだな、と小学生みたいな感想しか浮かばなかったが、これを絵にしたらどうなるか?という好奇心も同時に湧いてきて出来上がった作品。
破裂した星が光る欠片を撒き散らしてるような。



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえのゆきお

Author:うえのゆきお
 上野幸男
フリーランスイラストレーター
1975年福島県会津若松市生まれ
イラストレーション青山塾10,11期修了
埼玉県在住


Website:https://www.uenoyukio.com
連絡先:0143mugio@gmail.com

Copyright「C」Yukio Ueno. All Right Reserved.

アルバム

検索フォーム

QRコード

QR